『マッシュル-MASHLE-』128話(少年ジャンプ46号)ネタバレあらすじ感想レビュー

少年マンガ

甲本一先生による週刊少年ジャンプ2022月46号掲載の『マッシュル -MASHLE-』最新128話をご紹介します。

レモンたちは見事に敵に勝利。

後はゼンマイを力を込めて回すだけ。

しかし3人でどんなに力を込めてもゼンマイは回る事はなく

そして違う場所ではドットとランスがまたしても大ピンチなことに‥。

created by Rinker
¥6,842 (2022/12/05 03:38:18時点 楽天市場調べ-詳細)

本サイトでは内容に興味を持ってもらえるようあらすじ(ネタバレを含む)を紹介しています。 著作権の都合上、コマやセリフの大幅な抜粋はしておりませんので、詳しい内容はぜひコミックスをご購入いただきご確認ください。

『マッシュル -MASHLE-』127話までのあらすじ

前話の詳細はこちら。

『マッシュル-MASHLE-』127話(少年ジャンプ45号)ネタバレあらすじ感想レビュー
甲本一先生による週刊少年ジャンプ2022月45号掲載の『マッシュル -MASHLE-』最新127話をご紹介します。 助太刀に現れたカルドはあっという間に敵を真っ二つにしてしまいます。 後は目的のゼンマイを回すだけだが力を込めても回りません。 そして時を同じくして新しいバトルが始まろうとしていました。

レモンたちは見事に敵に勝利。

後はゼンマイを力を込めて回すだけ。

しかし3人でどんなに力を込めてもゼンマイは回る事はありませんでした。

そして違う場所ではドットとランスがまたしても大ピンチなことに‥。

『マッシュル -MASHLE-』128話の内容(ネタバレあり)

圧倒的な力を見せつける長男のドゥウム

ドットとランスもここまで実力の差があるのかと思い知らされたようです。

今まで戦ってきたどの兄弟たちとも全く強さのレベルが違っていたのでした。

ドゥウムが2人にとどめをさそうとしたときに助太刀が入りました。

それは神覚者の生き残りであるレイン。

この3人が立っているビジョンは地上の人たちにも映されていました。

地上の人たちも原因が簡単に負けるわけはないと勝利を信じているようです。

しかしビジョンには絶望的な光景が浮かんできたのでした。

ドゥウムがフィンに素早い攻撃を仕掛けようとしたその時‥。

フィンの体が回復していく

ドゥウムが攻撃を仕掛けた部分の傷がすぐに回復していきます。

しかしこの回復能力が無限に湧き出てくるわけでもありません。

早いうちに攻撃を仕掛けたほうがいいと、レインとフィンは最初から全力攻撃で行くようです。

2人は魔力を1つに重ねました。

しかしこれはドゥウムの想像の範疇を超えていない大したものではないと判断したようです。

レインとフィンは大味な攻撃を仕掛けると思わせておいて入れ替え攻撃を仕掛けました。

この作戦が見事にハマったのか2人の攻撃はドゥウムに直撃します。

2人はこの攻撃でほとんどの力を使い切ってしまったようです。

この攻撃で倒せていなければ相当のピンチになります。

煙の中から見えてきたものは‥。

ほとんどダメージを受けていないかのように見えるドゥウムでした。

ドゥウムは2人に敬意を払ってこれからは少し本気を出して戦うことを宣言しました。

次の話はこちら!

『マッシュル-MASHLE-』129話(少年ジャンプ47号)ネタバレあらすじ感想レビュー
甲本一先生による週刊少年ジャンプ2022月47号掲載の『マッシュル -MASHLE-』最新129話をご紹介します。ランスとドットの前に現れたのは圧倒的な力を見せるドゥウム。2人は全力で攻撃するもドゥウムでは全く歯が立ちませんでしたがーー。※本サイトでは内容に興味を持ってもらえ...

『マッシュル -MASHLE-』128話の感想

ドゥウムってものすごく発音するの難しそうじゃないですか?

ドゥムとかドゥームならわかりますけど、ドゥウムですからね。

それはおいといたとしても、ドゥウムがまだまだ本気で戦うつもりではないと言うことをいいことに付け込む隙はありそうです。

主人公不在の状態が続いていますが、ここはサブキャラの魅力を引き出すチャンスです。

(ライター:R)

次の話はこちら!

『マッシュル-MASHLE-』129話(少年ジャンプ47号)ネタバレあらすじ感想レビュー
甲本一先生による週刊少年ジャンプ2022月47号掲載の『マッシュル -MASHLE-』最新129話をご紹介します。ランスとドットの前に現れたのは圧倒的な力を見せるドゥウム。2人は全力で攻撃するもドゥウムでは全く歯が立ちませんでしたがーー。※本サイトでは内容に興味を持ってもらえ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました