『ハンター×ハンター』393話(少年ジャンプ49号)ネタバレあらすじ感想レビュー

少年マンガ

ついに3年11ヶ月ぶりに連載再開!

冨樫義博先生による週刊少年ジャンプ2022年49号掲載の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」最新393話をご紹介します。

それぞれが暗躍するマフィアとヒソカたち。

そこに旅団のメンバーまで加わり、さらに混沌は加速していきますが…。

created by Rinker
¥528 (2022/12/05 20:20:39時点 楽天市場調べ-詳細)

本サイトでは内容に興味を持ってもらえるようあらすじ(ネタバレを含む)を紹介しています。 著作権の都合上、コマやセリフの大幅な抜粋はしておりませんので、詳しい内容はぜひコミックスをご購入いただきご確認ください。

『ハンター×ハンター』392話までのあらすじ

前の話はこちら!

『ハンター×ハンター』392話(少年ジャンプ48号)ネタバレあらすじ感想レビュー
ついに3年11ヶ月ぶりに連載再開! 冨樫義博先生による週刊少年ジャンプ2022年48号掲載の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」最新392話をご紹介します。 複雑な思惑が絡み合う豪華客船の中。 旅団、ヒソカ、マフィアたちの真の目的とは‥。

ヒソカは自分を狙っていたマフィアを返り討ちにして、ボスのところまで案内するように命じました。

一方他の場所では、マフィアと行動を共にしている旅団のメンバーに襲撃が入るのでした。

『ハンター×ハンター 』393話の内容(ネタバレあり)

襲撃者が旅団に語る

襲撃者は自分たちの目的を旅団に説明しました。

襲撃者は最終的にはこの船を乗っ取って王族たちを全て倒した後元の世界に戻るつもりのようです。

そこで旅団に協力を仰ぎたいと言ってきたのでした。

ノブナガが目にも留まらぬはやさで襲撃者の脳天を刀で貫きました。

その上でノブナガはエイ=イ一家は自分たちで潰すと宣言します。

つまりここからは誰の力も借りないと言うことでした。

ノブナガはマフィアたちが帰ってくると、自分たちをつけになっていた襲撃者の首を取ったと言うことを説明しました。

ヒソカは映画館のような場所にいる

リンチはゴミ捨て場のようにな置かれています。

仲間のマフィアが声をかけてリンチは目を覚ましました。

2人はここまでのことをハインリヒに報告しに行こうとしています。

映画館の椅子に座っているヒソカの隣に男が座りました。

隣に座った男はあのヒンリギです。

ヒンリギはヒソカに交渉を持ちかけました。

どうやらこの船のパワーバランスを崩そうとしているマフィアが現れたとのことです。

次の話はこちら!

『ハンター×ハンター』394話(少年ジャンプ50号)ネタバレあらすじ感想レビュー
ついに連載再開!冨樫義博先生による週刊少年ジャンプ2022年50号掲載の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」最新394話をご紹介します。ヒソカにヒンリギはしばらくの間動かないでほしいと言う要望をします。その方がお互いのためになると。そしてヒンリギは謎の老人と対峙します...

『ハンター×ハンター 』393話の感想

最初に出てきたものをくぐり抜ける能力を持ってる男って、結構大事なキャラクターだったと思うんですがこんなにあっさりと退場してよかったんでしょうか。

まぁ大事なキャラクターが、あっさりと退場していくのはこの漫画の醍醐味と言うのは最初の方から変わっていないんですけど。

この辺って、1番新しい単行本に載っているという制作終了後におわせ発言と何か関係しているんでしょうか。

作者の健康的にこの漫画を最後まで完結させることも難しいと思うので、続きは劇場版とかゲームでもいいのかなぁと思っています。

同じようにラノベで完結させることを宣言したバスタードは全く進んでいませんけどね‥。

(ライター:R)

次の話はこちら!

https://www.igfan.jp/885/

コメント

タイトルとURLをコピーしました