『ハンター×ハンター』396話(少年ジャンプ52号)ネタバレあらすじ感想レビュー

少年マンガ

ついに連載再開!

冨樫義博先生による週刊少年ジャンプ2022年52号掲載の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」最新396話をご紹介します。

クロロは子供の時からカリスマ性を備えているスターそのものでした。

子供たちが平和に暮らす集落に魔の手が伸びようとしていました‥。

created by Rinker
¥528 (2023/02/04 07:26:19時点 楽天市場調べ-詳細)

本サイトでは内容に興味を持ってもらえるようあらすじ(ネタバレを含む)を紹介しています。 著作権の都合上、コマやセリフの大幅な抜粋はしておりませんので、詳しい内容はぜひコミックスをご購入いただきご確認ください。

『ハンター×ハンター』395話までのあらすじ

前の話はこちら!

『ハンター×ハンター』395話(少年ジャンプ51号)ネタバレあらすじ感想レビュー
ついに連載再開!冨樫義博先生による週刊少年ジャンプ2022年51号掲載の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」最新395話をご紹介します。明かされる旅団の過去。クロロが子供のときに持って走り回っていたビデオテープは一体何だったのか。20年越しの伏線が明らかになります。...

ついに明かされる旅団の過去。

まだ何者でもない縄張り争いを繰り広げているだけの子どもたち。

しかし確実に闇は忍びつつあったのでした‥。

『ハンター×ハンター 』396話の内容(ネタバレあり)

拾ったビデオテープの上映会

クロロが拾ったビデオテープを大きなお屋敷で再生する上映会が開かれるようです。

ビデオテープをめぐって争いを繰り返していたウボォーキンも招待されることになりました。

たくさんの子供たちが上映会に集まっています。

拾ったビデオテープには何が収録されていたと言うのでしょうか。

たくさんの子供たちが集まって中、スクリーンにビデオテープの映像がうつされました。

それはカタズケンジャーというヒーローもののようです。

ビデオテープの言語はここで使われている言語と違っていたので、吹き替えでクロロとパクノダが声の役割をやっています。

クロロは意外に多彩なようで何種類もの声を使って複数の男性キャラクターを演じています。

子どもたちも喜んでいるようで上映会は順調に進んでいきましたがトラブルが起きました。

ビデオテープが途中で絡まってしまう

やはり古いビデオテープを再生するのは少し難しかったようで、ビデオデッキの中でテープが絡まってしまったようです。

これを取り出すのにはかなり時間がかかるようです。

当然見ている人たちからもブーイングが入ります。

クロロはここで機転をきかせてスクリーンの奥から歩いて舞台の真ん中に立ちました。

クロロはこの物語が奇跡を実写で演じたようです。

子供たちもあまりの迫力に感心していました。

クロロが無事に羽をつないだことでビデオテープの上映会は大好評で終了することになりました。

そして上映会が終わった後、意外な男が声をかけてきたのです。

次の話はこちら!

『ハンター×ハンター』397話(少年ジャンプ2023年1号)ネタバレあらすじ感想レビュー
ついに連載再開!冨樫義博先生による週刊少年ジャンプ2023年1号掲載の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」最新397話をご紹介します。サラサが少し前から姿を消してしまった件で、子供たちは力を合わせてサラサを探そうと立ち上がりました。クロロが森の中で見たものは‥。※...

『ハンター×ハンター 』396話の感想

前も書いたとような気もしますが、途中からストーリーがほのぼの系になっていた新ビックリマンを思い出しました。

でも確実に次の回では大惨事が起きてしまうでしょう。

ちょっと伏線が分かりすぎると言う不安もあると思いますが、ここからが作者の本領発揮でしょう。

残りの連載回数が気になるところではありますが、今回は旅団のエピソードをやってからまた長い休み期間に入るんでしょうか。

(ライター:R)

次の話はこちら!

https://www.igfan.jp/1037/

コメント

タイトルとURLをコピーしました