『ハンター×ハンター』398話(少年ジャンプ2号)ネタバレあらすじ感想レビュー

少年マンガ

ついに連載再開!

冨樫義博先生による週刊少年ジャンプ2023年2号掲載の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」最新398話をご紹介します。

舞台はまた豪華客船の中に戻っています。

敵のワープさせる能力の秘密を探ろうとしている旅団ですが‥。

created by Rinker
¥528 (2023/02/04 07:26:19時点 楽天市場調べ-詳細)

本サイトでは内容に興味を持ってもらえるようあらすじ(ネタバレを含む)を紹介しています。 著作権の都合上、コマやセリフの大幅な抜粋はしておりませんので、詳しい内容はぜひコミックスをご購入いただきご確認ください。

『ハンター×ハンター』397話までのあらすじ

前の話はこちら!

『ハンター×ハンター』397話(少年ジャンプ2023年1号)ネタバレあらすじ感想レビュー
ついに連載再開!冨樫義博先生による週刊少年ジャンプ2023年1号掲載の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」最新397話をご紹介します。サラサが少し前から姿を消してしまった件で、子供たちは力を合わせてサラサを探そうと立ち上がりました。クロロが森の中で見たものは‥。※...

平和な集落で起こった悲劇。

現場に残されていた謎のメッセージ。

この事件をきっかけに子供たちは二度と悲劇を繰り返さないように確かな力を身に付ける意思を固めたのでした。

『ハンター×ハンター 』398話の内容(ネタバレあり)

ジジイの捜索をする旅団

フィンクスの見立てではさっき能力を使っていた老人はこの近くにいると言うことでした。

しかしこの見立てにはノブナガは反対してそうとは限らないと言っています。

2人が言い争いをしているうちにマフィアの1人が部屋のドアを開けました。

フィンクスたちはどうやらさっきマフィアの1人が消えた地点に、再びマフィアを移動させて実験をしたようです。

マフィアを落として強引にさっきの地点に行くように指示すると、やはりマフィアは同じように消えてしまいました。

ここまでの状況からおそらく何回も連続して人をワープさせることができるだろうと旅団は見立てを立てました。

このままではらちがあかないので、フェイタンが相手をワープさせる能力の地点に自ら行くと言っています。

ヒンリギの能力を先行させて様子を探ろうと言うことになった

旅団にヒンリギたちが声をかけてきます。

ワープした先は100%罠だからまずは自分の能力を飛ばしてみると、ヒンリギは念を使いました。

ヒンリギは発信機を生牡蠣に変化させました。

これを飲み込んだものがワープすることで発信機は少なくとも2時間は見つからないだろうと。

しかもワープする役を買ってきたのはヒンリギ自身だったのです。

ヒンリギは生牡蠣を飲み込んでワープする地点に突っ込んで飛んでいきました。

ワープした先では意外な光景が待ち受けていました。

次の話はこちら!

『ハンター×ハンター』399話(少年ジャンプ3号)ネタバレあらすじ感想レビュー
ついに連載再開!冨樫義博先生による週刊少年ジャンプ2023年3号掲載の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」最新399話をご紹介します。船のどこかにあると言う空間。ノブナガとヒンリギは謎の空間に侵入し、敵の正体をつかみつつありました。※本サイトでは内容に興味を持って...

『ハンター×ハンター 』398話の感想

途中のなんのことだかわからんて言うマフィアの言葉、ほぼ100%は読者がそれはこっちのことだと思ったでしょうね。

でも後半は結構シンプルだったんで昔のハンターハンターに戻っていた位だったと思います。

ノブナガ、ヒンリギはさすがにどちらかはこのエピソードでアウトなんじゃないかなぁ。

ヒンリギはもともとそこまで自分の命を大切に扱っていないようなので、ヒンリギのほうは高確率で消えると思います。

後は発信機をたどって他のマフィアか旅団が駆けつけてくれるかどうかですね。

というか今回、暗黒大陸になってから1番面白かった回まであり得ますね。

そのくらいストーリーがシンプルに伝わるっていうのは大切だと思います。

(ライター:R)

次の話はこちら!

https://www.igfan.jp/1114/

コメント

タイトルとURLをコピーしました