『パラレルパラダイス』209話(ヤングマガジン51号)ネタバレあらすじ感想レビュー

青年マンガ

岡本倫先生によるヤングマガジン2022年51号掲載の「パラレルパラダイス」最新209話をご紹介します。

陽太は国母の場所にたどり着くためにしぶしぶガーディアンと交渉することに。

その頃リーメアリーはモモと対峙していました。

モモはすでに永遠の命の力を得て人間ではなくなってしまっているようですが‥。

created by Rinker
¥726 (2022/12/05 20:20:38時点 楽天市場調べ-詳細)

本サイトでは内容に興味を持ってもらえるようあらすじ(ネタバレを含む)を紹介しています。 著作権の都合上、コマやセリフの大幅な抜粋はしておりませんので、詳しい内容はぜひコミックスをご購入いただきご確認ください。

『パラレルパラダイス』208話までのあらすじ

陽太たちは、ガーディアンの1人から国母の場所を教えるから自分と関係を持つようにと交渉されてしまいますが…。

『パラレルパラダイス』209話の内容(ネタバレあり)

仕方なく条件を飲む陽太

それが条件では仕方ないとして顔を赤らめながらガーディアンの交渉に同意する陽太。

ガーディアンは自分はきっと大声を上げてしまうから外で見張りをしてくれとルーミにお願いをします。

陽太もここは協力してもらうために我慢してくれとルーミに見張りを促しました。

ガーディアンが自分のつけている防具を外していきます。

あっという間に部屋には甘い匂いが充満していきました。

陽太もそれに合わせて自分の付けている武器を外します。

ガーディアンの体からは甘い汁がダダ漏れの状態で相当興奮しているように見えました。

しかしガーディアンは自分は興奮していないと言い張っています。

ガーディアンは確かにさっき自分で興奮していると言っていたのを思い出す陽太。

どうやらあまりにも気分が高まってしまったために助けを必要としている自分で言ったことを忘れてしまっていたのでしょう。

リーメアリーの前に立つモモ

リーメアリーが音楽室に行こうとするとモモが入り口の前に立ちふさがっていました。

モモは通せんぼしてこの先を通さないと言っています。

モモはすでに人間ではなくなっていてパワーアップしているからリーメアリーよりも強いと言い張っています。

モモは自分たちの住んでいた街が襲われたときにこのままではいけないと不安に思っていました。

たとえ自分たちの呪いが解けたとしてもこういう世界では簡単に命を落としてしまうと。

モモはこういった不安から国母に永遠の命を与えるように要求したのです。

リーメアリーが強引に音楽室に入ろうとすると大爆発が起きました。

『パラレルパラダイス 』209話の感想

リーメアリーもそろそろ退場の時が近いと思います。

ナクタ様が少し前のエピソードでなくなったので、似たようなキャラクターのどっちかは生き残ると思ったのですが難しそうですね。

モモが再び登場した理由も強引すぎるし、過去に登場したキャラクターの整理に入ってるんでしょうか。

金城もこれだけ引っ張っていくんだから読者が驚くような仕掛けをしていてほしいところですね。

(ライター:R)

コメント

タイトルとURLをコピーしました